読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

発熱

『劇場版BLAME! 弐瓶勉描きおろし設定資料集』が熱い件

熱いです、10数年を経て再構成された劇場版『BLAME!』 劇場版は、原作漫画が完結してから間が空いたこともあって、絵のタッチや内容がやわらかくなっているように思いました。原作が登場人物の口数少なく無機的なのに対し、劇場版は口数が多く有機的に感じま…

劇場版『BLAME!』の原作とは違う熱い設定のまとめ

弐瓶勉先生の名作漫画『BLAME!』の劇場版アニメが熱いです! www.blame.jp 巨大な都市階層の世界と戦闘シーンが素敵すぎますよね。内容は原作に沿ったものではなく、原作の設定を所々引用して作られたようなストーリーでした。原作とは違う設定も出てきます…

『ウォーキング・デッド』が面白すぎてつらい…

あれほど海外ドラマに手を出すなと釘を刺したのに… 『ウォーキング・デッド』を軽い気持ちで「一話だけ見よう」と思って見たら、気づけばシーズン6まで見終えてました。面白すぎだよ、このドラマ! そんなわけで、ここ数日はAmazonプライム・ビデオで『ウォ…

5分でざっくり分かる『クロノ・トリガー』(iPhone版)

年末から始めたiPhone版の『クロノ・トリガー』、やっと一周しました。いやー、素敵で熱いRPGでした。 エンディングは複数ありますが、まずは通常エンディングをクリアしました。プレイ時間は初見プレイで約31時間でした。そのプレイ記録をここに残します。※…

迷走中の30代におすすめ!松本次郎先生の名作漫画、10選+1

松本次郎先生の大ファンです。気がつけば漫画レビューも10記事ほど貯まりました。 松本次郎先生の漫画に共通して通じる特徴と言えば、「混沌とした世界で迷走する」ところにあると思います。荒廃したビル、混乱した人々、暴力とエロス、それらが織り交ざった…

『フリージア』何かのためにあがく大人、すごく格好いい!

迷走する大人にぴったりの漫画といえば、松本次郎さんの『フリージア』です。 おそらくは、学生の時に読んだら「ぽかーん…」という感じの漫画だと思います。大人になって、生きる目的とか、働くことの意義とかが分からなくなってから読むと、強く心に響くも…

『秒速5センチメートル』と『君の名は。』の終わり方

映画『君の名は。』、、すごく良かったです! 公開から1ヶ月ほどたってから観に行ったのですが、それにもかかわらず映画館はほぼ満員状態でした。どんだけすごいんだよ、と相当な期待をもって見たら、まぁその期待を軽々と超えていきました。 ストーリーは秀…

『serial experiments lain』の世界にどこまで近づいたのだろう(2016)

中学校時代に見た鬱アニメ『serial experiments lain』。難しい用語や解説なしには理解できないところが多々あって、何回か見返してもよく分からず、結局そのまま17年ほどの歳月が流れました。このアニメをふと思い出し、また見たくなって見返したのですが、…

日々を生きていくことに悩んだら『セクシーボイスアンドロボ』

『セクシーボイスアンドロボ』という漫画原作のTVドラマが2007年に放映されていました。内容は、いろんな声を出せる女子中学生の"ニコ"と、ロボットオタクの青年の"ロボ"が街に起こる事件を解決していくというものです。高円寺付近を舞台に個性的な人々が躍…

ちょっと浮いてくる。『本日の浮遊』展

林ナツミさんの『本日の浮遊』展を見に行ってきました。日常の中で浮くという感覚がとても新鮮です。単に自分が跳んだ所を写真に撮っただけだと思いますが、どうしてこうも魅力的な絵になるのだろう。 よわよわカメラウーマン日記 「浮遊する」という感覚は…

夏といえば『AIR』です。旅したいです。

この記事は、ゲーム『AIR』を再プレイして、いい歳したおっさんが年甲斐もなく感動して泣き崩れたというだけの記事です。やめて、石を投げるのはやめて! AIRとは 2000年にゲームブランドKeyから発売された恋愛AVGで、2000年代を代表する泣きゲー。その内容…

テオ・ヤンセン展に行ってきた

12/18(土)にテオ・ヤンセン展を見学してきました. 日本科学未来館の入口 関連リンク テオ・ヤンセン展〜生命の創造〜(テオ・ヤンセン展の案内) STRANDBEEST(公式サイト) Theo Jansen Japan(日本版公式サイト) テオ・ヤンセン(Theo Jansen)とはビーチ…

Steins;Gateに関わった日々

9月はSteins;Gate(シュタインズゲート)にハマっていた月でした.そして,そこには感動がありました.その感動を自己満足に,自己中に,中二病的に書き綴って中途半端なままにしておいた記事を,今回,公開して後悔しようと思います.それではどうぞ↓ 衝撃…

モバイルPCがきた

工人舎のモバイルPCを買ったよ! 欲しかった理由は,喫茶店でモバイルPCに向かう大人にあこがれていたためです.ノートパソコンは持っているけれど,モニタが確か15.8インチ程度なので大きすぎて持ち運びに困る.なので,それよりも小さくて持ち運びに便利な…

90年代前半が小学生の,僕の心に深く残った映画作品

一番最初に観た映画は覚えていないけれど,一番最初に心に残った映画は覚えている.それは『REX 恐竜物語』という映画だ. 『REX 恐竜物語』は主人公である安達祐実がレックスと名づけられた恐竜と交流を深めていくという内容である.子供心ながら「恐竜はど…

とある魔術の禁書目録の魔力,あるいは引力

ここ数週間ほど『とある魔術の禁書目録』の小説にはまっていた. 隙間時間に読んでいこうと思っていた小説だったけれど,一度読むと抜け出せなくなり,なおかつ巻を増すごとに面白くなっていくために,気がついたら他の作業が手に付かなくなるという状態に陥…

その決意は新世紀エヴァンゲリオンが導いた

契機小学生も後半の頃,僕は映画にはまっていた. 映画が好きで,テレビで放送される映画を新聞でチェックをするのが日課な小学生だった.21時から放送予定の映画が野球の延長でずらされると怒ってたりしてた.映画館で公開される映画のチェックも欠かさずし…