人のようなものがいっぱい『百舌鳥魔先生のアトリエ』

人型の面影を残して異形なものへとなっていく、あるいは人が人のようなものに出会う怖さをテーマにしたようなホラー短編小説集が『百舌鳥魔先生のアトリエ』です。著者はうわーってなる描写に定評のある小林泰三さんです。 別の可能性へと進化した人型が目の前に現れたとき、その存在は人と近しいだけに同種嫌悪みたいな感…