発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

Androidアプリの脱出ゲームにはまってた


スポンサードリンク

4月後半からGWが終わるまでAndroidの脱出ゲームにはまっていました。いろんなものから脱出したいせいもあってか、いろいろな脱出ゲームをプレイしたので、それらの紹介と感想、プレイ時間をまとめました。


※ヒント程度の軽いネタバレあり。()内はプレイ時間です


old offender -監獄からの脱出-
タイトル通り、監獄からの脱出。グラフィクスが良い雰囲気を出しています。数字の暗号があるのですが、結局分からずに総当たりで解いてしまったのが心残りです。後から導き方を調べたのですが、背景を反映したシンプルで美しい暗号でした。この暗号がすごい2011にノミネートです。(6.0 h)


ミッシング
ルーレットっぽいものがある部屋からの脱出。いくつかある暗号はなんとなくで解けました。しかし、アイテム探しとその使い道で詰まっていました。オブジェクトの先入観を払拭すべしです。(1.5 h)


Wander Wonder
ドロイド君がいる部屋からの脱出。予想通り、彼は硬いです。アイテム探しで詰まってやむなくヒントを調べた結果、どうやらタップだけでは先に進めない仕様となっていました。それさえわかればあとは一直線です。最後の謎は強敵。(1.5 h)


脱出ゲーム開始
金庫のある部屋からの脱出。シンプルでさくさく進めます。僕としてはこれくらいの難易度が僕ちょうどいいです。(2.0 h)


脱出ゲーム2
脱出ゲームの続き。難易度は高めだと思います。暗号の解法が全然分からなくて、ヒントを検索してしまいました。柔軟な発想力が欲しい。。(2.5 h)


脱出ゲーム3
脱出ゲーム3の続き。日本語が分からないと解けない問題があって、その部分は調べざるを得ませんでした。推理力だけでなく常識力も必要なゲームでした。(2.0 h)


密室脱出ゲーム☆フラワー
ひまわりのある部屋からの脱出。調べる所が少なく、かつシンプルなゲームのため、攻略は容易でした。ひまわりがまさかああなるとは思いませんでした。(1.5 h)


Vacation House Escape
別荘からの脱出。グラフィックスがきれいです。謎解き要素は少なく、ひたすら部屋を調査したゲームでした。(2.5 h)


いやー、脱出ってほんといいものですね。