読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

身体のあちこちがむず痒くなる 『天使の囀り』

小説

スポンサードリンク

『天使の囀り』は貴志祐介さんのホラー小説です。身体のいろんな箇所がむず痒くなりました。。


天使の囀り (角川ホラー文庫)

天使の囀り (角川ホラー文庫)


調査や取材がかなり綿密に行われているところにすごさを感じます。そして、それらの結果を記した詳細な文章には相当な現実感があり、その現実感が恐怖へと実直に変換されるような内容でした。恐怖がより現実的に体感できる、そんな作品です。


自分の意識を自由にコントロールできるというのは錯覚であり、人の意識を支配するのは必ずしも高次元でなくてもよい、そんな感覚を感じ取りました。