発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

ホラーだけどどこか無邪気『路地裏第一区 〜ムライ作品集〜』


スポンサードリンク


たとえば、人ならざる者がひしめく路地裏に誘われる少年。


『路地裏第一区 〜ムライ作品集〜』は子供の頃に夢の中で見た光景を映し出したような作風が特徴的なファンタジーです。


路地裏第一区 ―ムライ作品集― (IKKI COMIX)

路地裏第一区 ―ムライ作品集― (IKKI COMIX)


多くの作品に鳥や蝶といった羽のあるキャラクターが登場します。羽からは自由を連想しますが、作品を読んでいると、そのイメージと同時にホラーっぽいのを感じます。しかし、そのホラーと無邪気に向き合っている状景が、ハラハラ感を沸き立たせて物語を面白くさせているように感じました。


個人的にお気に入りの作品は『霧の中のアパートメント』です。チグハグなキャラクター達の個性自体が伏線となって、奇妙なハッピーエンド感を後に残す展開が素敵です。映画の『デリカテッセン』を思い出しました。