発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

最終章が超展開『美人探偵S -密室』


スポンサードリンク

事件のあった現場を捜索して、真相に繋がるような証拠を見つけ出し、ロジックを組み立てて犯人を追い詰める。『美人探偵S』は、タイトルから想像して、そんなミステリーAVGみたいな展開があると思いきや、なんかほとんど無くてびっくりしたゲームです。期待とは違ったけれど、違った意味で面白かったので攻略しました。(以下、軽いネタバレあり)



主人公こと美人探偵Sの名前はSarah。美貌と知恵の集合体、警察の救世主、今世紀のシャーロック・ホームズ、らしいです。ゲーム中では、なんと容姿を2種類選ぶことができたりします。



左もいいけど、やっぱり右かな


ゲームは1章、2章、x章の3つに分かれています。


1章
アイテムを探して組み合わせて謎解いてでサクサク進める章です。難易度は優しめでした。


2章
後半が難しいです。4つの数字を入力する所と8つの数字を入力するところがあるのですが、数字入力のヒントとなるのは11桁の数字のみ。いろいろ悩んで右往左往していたのですが、特に変換とかの必要もなく、ただただ素直に入力すれば良いだけだったなんて。。


x章
クイズが出て、いきなりゲーム観が変わります。4択形式のクイズが3問連続で出題されるのですが、1問でも間違えると即ゲームオーバーになります。そして出題される問題も難しすぎて答えが分からず、結局ゲームオーバーを4、5回繰り返して解答を覚えてやっとクリアでした。


美人探偵SのSはサドのS何じゃないかと思うくらい、一部の難易度が高いゲームでした。