発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

作りこみ度がすごい謎探求ゲーム『Dr. Stanley's House 』


スポンサードリンク

Stanley博士に会うために博士の家を訪ねたら、なんか不穏な雰囲気が。。『Dr. Stanley's House』はそんなミステリーな原因を探る謎探求ゲームです。1と2があるのですが、それらは繋がっていて、両方を攻略したときには物語の作り込み度に感動しました。


Dr.Stanley's House 1 (7 keys)

博士に会うために家の中を散策します。家の中の部屋はたいてい鍵がかかっているので、それらの部屋のドアを開けるために鍵を探して回ります。鍵がなかなか見つからずに詰まることが何回かあって苦労しました。オチで何ぃってなります。


ゲーム感と操作性が良く、画面間の切り替えエフェクトも心地よいです。途中でいきなりアニメーションが入るので、何回かビクッてなりました。



Dr.Stanley's House 2 (6 stones)

1でうわーってなったので、病院を探索します。今度は石を集めます。病院内だけで終わると思いきや、いろんな場所を巡るようになります。地下にある暗号で止まりましたが、数字の数とタイルが解決のヒントになっていました。オチで何ぃってなります。


緑の石はいったいどこから来たのか。無限の彼方を感じる収束具合が素敵な余韻として残るゲームでした。