発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

ドアを開けたらまたドア『DOOORS』


スポンサードリンク

『DOOORS』はiOSアプリのドア開け脱出ゲームです。ドアを開けたらまたドアが現れます。プレイ時には全部で60室ありました。ドアを開放するためにはフリックしたり、端末を傾けたり、おじさんを「ん〜」ってしたりします。



12面。単に合わせるだけでなく、一工夫が要ります。なかなかシンプルで良い感じの謎でした。



16面。謎のおじさんの登場です。つつくと何か反応します。おじさんは後半の面で頻出します。



22面。一番詰まったドアです。キーアイテムの発見とトラの差異に気付くまでに時間がかかりました。



48面。仕掛けが素晴らしいです。謎解きに至る手順と操作に一体感を大きく感じる部屋でした。



58面。ぱっと見であれっぽいと予測できるのですが、なかなか形が出てこなかったです。でもおもしろい!


ドアは多くありますが、ほとんどがひらめきで解ける謎でした。隙間な時間で頭の体操になった感じです。


App StoreDOOORS