読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

【財務諸表の再勉強】貸借対照表 −手持ちや借金がどれだけあるか−


スポンサードリンク

貸借対照表(B/S:Balance sheet)は、企業が活動に利用する資金をどこから調達し、どのように運用したかを記述した書類です。B/Sは右側に資金の調達源泉、左側にその運用形態が記述されます。


f:id:yosinoo:20120817171529p:plain

貸借対照表は左右に分かれており、左側は資産、右側は負債と純資産からなっています。


資産
将来において企業に利益をもたらすと期待されるものです。流動資産、固定資産および繰り延べ資産に分類されます。

詳細:【財務諸表の再勉強】資産 −お金を生む可能性−


負債
いずれ返済が必要なもので、他人資本とも呼ばれます。流動負債固定負債に分類されます。

詳細:【財務諸表の再勉強】負債 −どこからか借りたもの−


純資産
原則として返済が必要ないものです。株主資本、評価・換算差額等および新株予約権に分類されます。

詳細:【財務諸表の再勉強】純資産 −お金の体力−


また、資産と負債における流動と固定の分類は、正常営業循環基準と一年基準に従って分類されます。 

分類のルール

資産と負債は流動と固定に分類されます。その分類基準として”正常営業循環基準”と”一年基準(ワンイヤールール)”があります。分類の際には、まず正常営業循環基準が適用され、その後に一年基準が適用されます。


正常営業循環基準
正常な営業活動の過程にある資産と負債はそれぞれ流動資産流動負債に分類するというルールです。正常な営業活動の過程とは、例えば仕入→製造→販売です。


一年基準
決算日の翌日から起算して1年以内に受け取り、支払いが履行される債権、債務を流動資産流動負債とし、それ以外を固定資産、固定負債とする基準です。