発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

『あなたのための物語』人は死ぬという事実を受け入れていかなければ。。


スポンサードリンク

逃れられない死と向き合って、死ぬという絶望を受け入れていく小説が『あなたのための物語』だと思います。余命を宣告されて生きていくことの描写にうわーってなりました。


死を目前にすると、自分のやるべきこととかが明白になって、そのやるべきことに専念できる。そんな話に美しい何かを感じがちですが、実際には死に対する恐怖を忘れたいという感情で抗いているような一面もあると思います。


たいていの人は死ぬことが嫌なので、死に抵抗しようとするものだと思います。けれど、抵抗するのではなく、受け入れていくことが自身の救いに必要なのかなと、この小説を読んで思いました。


あなたのための物語

あなたのための物語


どんな時代になっても、身体を持つ人間である限り生きている者は死ぬ。そんなあたりまえの現実をわざわざ思い出させられることが、気持ち悪くてしかたなかった。


『あなたのための物語』には小説(物語)を書くことができる、人格を持ったシステムが登場します。そのシステムが主人公のために残した物語に、死に対する怖さから解放されるヒントみたいなものが含まれているように感じました。


言語によるコミュニケーションは物語の交換に似ている、そんな解釈に希望みたいなものを感じます。どんな物語も終わる。けれど物語自体はそれを交換した人に影響を与え、引き継がれていく。そんな連続性があるのであれば、死は無慈悲なものではなく、多少なりとも救いがあるものなのだろうな、と思いました。