発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

すべての道はエヴァンゲリオンに通ず


スポンサードリンク

小説『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』のラストシーンをもう一度読み返したい衝動がふと湧き上がったわけです。


まぁすぐには見られないので、まずはWikipediaを見て落ち着こうと『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を調べていたら、「本谷有希子による戯曲」という文章が目に入ります。そしてよくよく見たら、本谷有希子さんはアニメ『彼氏彼女の事情』の声優をやっていたんですって。『彼氏彼女の事情』の監督は庵野秀明さん。そう、『新世紀 エヴァンゲリオン』の監督ですよ!


すべての道はエヴァンゲリオンに通ず


腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の映画版の主役といえば、和合澄伽(わごうすみか)役の佐藤江梨子さん。佐藤江梨子さんの主演作といえば、映画『キューティーハニー』。映画『キューティーハニー』の監督といえば庵野秀明さん。そう、『新世紀 エヴァンゲリオン』の監督ですよ!


すべての道はエヴァンゲリオンに通ず


テレビ版エヴァの最終話のタイトルといえば「世界の中心でアイを叫んだけもの」

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
世界の中心でアイを叫んだけもの

なんか似ている!


すべての道はエヴァンゲリオンに通ず


※この記事は勢いだけで書かれた