読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

Kindle Unlimitedを解約しました


スポンサードリンク

月額980円で対象の本が読み放題となるサービス『kindle unlimited』。この先進的なサービスがすごく熱くて、30日間の無料体験で本(おもにコミック)を読み漁っていたのですが、肌に合わないと感じたので利用を辞めました。


深い感動が得られない
感覚の問題かもしれないけれど、自分で買った本を読むのと、他者から借りた本を読むのとでは、理解や感動の深さが違うように思います。Kindle Unlimited も他者から借りた本を読む感覚に近いので、理解や感動の深さが浅くなりがちでした。


興味のない本にもついつい手を出す
「この対象の本からどれでも好きな本を読んでもいいですよ」のスタンスなので、利用しないともったいない精神が働いて、結果、あんまり興味もない本にも手を出してしまいがちになりました。テレビ視聴のザッピングに近い行為で、時間を浪費している感覚が残りました。


すでに持っている本が読めるというやるせなさ
すでに持っている本が読み放題対象となっているので、なんかやるせない気分になります。読み放題対象の本に自分が持っている本がすでにあるのであれば、代わりに何か別の本が読める、というサービスがあればなーと思いました。



魅力的なサービスだと思いましたが、低コストさと選択の自由度の広さが要因となって、深い感動が得られにくいような感じがしました。なんといいますか、もったいないサービスのように思いました。


以下は解約手順のメモです。

1. 「アカウントサービス」→「お客様のKindle Unlimited」を選択→「Kindle Unlimited 会員登録を管理」の画面。
2. 「メンバーシップを管理」の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」を選択→「メンバーシップを終了してもよろしいですか?」の画面。
3. 「メンバーシップを<年月日>に終了」ボタンをクリック。