発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

『シリウスの痕』少女型サイボーグは人間の心を思い出すか


スポンサードリンク

サイボーグというと痛みがないイメージがあります。


けれども、肉体を失ったことによって分かる痛みというものがあると思います。人間ではなくなったことによる喪失感みたいな痛み、それがひとつのテーマにあるような漫画が『シリウスの痕』です。


シリウスの痕』は、あと7日間しか生きられないサイボーグの少女(橘小夜子)が、絶望的な状況を生き抜いていく系のバトル漫画です。1999年に月刊少年エースで連載されていました。隠れた名作SFです。


Kindleストアで発売されていたので、懐かしいなーと思い、衝動的にポチリました。再読したときに初めて気付いたのですが、副題がすごくいいです。

I hope you still remember me.


この副題を意識しながら読むとまた違う視点で楽しめました。初めて読んだときは「サイボーグもの熱いぜ!」だった感想が、「うわ、これ、せつない!」ってなりました。


もし自我を取り戻した時、自分の身体が機械になっていたとしたら、どんな感情をもつだろうか。なおかつ7日間しか生きられないという現実を突きつけられた時、どんな感情が湧き上がってくるだろうか。


シリウスの痕 1巻

シリウスの痕 1巻


どんなにみっともなくても 足掻いても 生きる方を選んだんだ


もしあと7日間で死ぬよって言われたらならば、どういった生き方を選択するだろうか。かつて人間であったように、人間として生きていきたい、サイボーグとなった姉はそう決意し、弟と一緒に過ごすことを選択をします。


死が間近になったとしたら、次の世代へ思い出や記憶、財産を残す人が多いのではないかと思います。それは、自分が人間であったことを残される人に伝えたいという、人類の意志の表れなのではないかと思うのです。

I hope you still remember me.


せつない物語です、『シリウスの痕』。。


関連:
minor.hatenablog.com