読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

『ウォーキング・デッド』が面白すぎてつらい…


スポンサードリンク

あれほど海外ドラマに手を出すなと釘を刺したのに…


ウォーキング・デッド』を軽い気持ちで「一話だけ見よう」と思って見たら、気づけばシーズン6まで見終えてました。面白すぎだよ、このドラマ!


そんなわけで、ここ数日はAmazonプライム・ビデオで『ウォーキング・デッド』をひたすら見てました。ヒューマンドラマが熱いです。衝撃的な展開にドキドキです。絶望に突き落とされても這い上がる姿にしびれます!このドラマ、面白すぎる!!


シーズン1からシーズン6までは全部で83話。1話約43分とすると、83話の合計時間は約60時間。いやー、熱中した!せっかくなので感想をメモします。以下ネタバレ注意です。

シーズン1

全6話

リックが病室で目覚めたらゾンビのいる世界になっていた。リックが街に行ってゾンビに囲まれて、「もうダメだろこれ」って時に戦車の中に逃げ込む、この展開が熱かったです。あとは街を脱出するためにゾンビの臓腑を利用するとか、生きるためになんでもやる姿勢がいいですよね。

シーズン2

全13話

ハーシェルの農場を中心としたシリーズ。カールが撃たれて1ショック、ソフィアが納屋から出てきて2ショック、デールが死んで3ショック、シェーンが死んで4ショック…安住の地と思える場所でも油断すると死に至る、それを象徴するような農場崩壊シーンが印象に残りました。

シーズン3

全16話

刑務所とウッドベリーを中心としたシリーズ。ハーシェルの右足で1ショック、ローリが死んで2ショック、アンドレアが死んで3ショックです。総督が良い味出してますよね。人間味のある悪が印象的です。あとはメルルもいいキャラクターでした。そしてカール、たくましくなりすぎ。

シーズン4

全16話

刑務所が破壊され、終着駅に向かうシリーズ。キャロルの行動で1ショック、ハーシェルの死で2ショックです。総督の暴君っぷりにうわーってなります。手に入れつつある平穏を奪われる絶望感がきつい!あとはキャロルとタイリースの話が印象的です。リジーが死ぬ必要はあったのだろうか…

シーズン5

全16話

終着駅、病院、アレクサンドリアを中心としたシリーズ。終着駅の絶望感がすごかったです。そしてキャロルが熱い!だんだんとキャロルが美人に見えてきた!そのあとボブ、ベス、タイリースが死んでうわーってなります。アレクサンドリアという安住の地、もうここがゴールでいいやん。

シーズン6

全16話

アレクサンドリアを中心としたシリーズ。大量のゾンビ、ウルフ、そしてニーガン…街の人々が次々に死んでいく展開です。ゾンビも怖いですけれど、人間は知性がある分もっと怖い。最後のニーガンの絶望感がとてつもないです。あとキャロル素敵。キャロル最強説。

まとめ

面白すぎる!早くAmazonビデオでシーズン7を配信して欲しいですぜ!