発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

バラエティ豊富な不快をどうぞ『肉食屋敷』


スポンサードリンク

小林泰三さんの短編小説『肉食屋敷』は、バラエティに富んだ不快系ホラーな作品です。4つの短編で構成されていて、「怪獣小説」「西部劇」「サイコスリラー」「ミステリー」と、さまざまなジャンルがそろっています。


小林泰三さんの小説といえば、グロい内容であればとことんグロく、サイコな内容であればとことんサイコなのが特徴です。しかし、『肉食屋敷』はグロさとサイコさが控えめであるため、耐性がない人にとっては読みやすい小説だと思いました。


エグい描写は控えめでしたが、気がつけば眉間にしわを寄せながら読んでいました。おそらくは「不快」に感じる部分が多くあって、そこには関わりたくないと本能が訴えているのだと思います。


そんな一風変わった怖さが魅力的な小説、それが『肉食屋敷』でした。あ、エグい描写は少ないとはいっても、平均以上にエグい描写はやっぱりあるので注意!


肉食屋敷

役場に努める公務員がとある研究所を訪れたらひどい目にあった話です。恐竜が生きていた時代の地層から採取したDNAを復元したら、とんでもない生物だった。未知のものに手を出すのは良いけれど、それにはリスクを伴うという教訓が得られる話ですね。

ジャンク

とある荒野でハンターを狩る「ハンターキラー」の話です。ハンターキラーの胸にはとある女性の顔が移植されています。ハンターキラーにとっては大切な一部、そこには悲しい過去が。人間の臓器や神経を利用するような、腐臭漂う世界観が魅力的です。

妻への三通の告白

病気で寝たきりの妻に宛てた手紙を読んでいくような内容です。読んでいくと違和感や齟齬が感じます。そして最後の方でうわぁーってなります。人の思い込みは自由な領域であり、勝ち負けや幸不幸は思い込みで決定するものです。人生に勝つ話。


関連
minor.hatenablog.com

獣の記憶

知らぬ間に女性の死体が自宅に…別の人格「敵対者」に抗う話です。敵対者とノートを通じて対話するのですが、だんだんと壊れた対話になっていく過程にゾッとするものを感じます。自分の意識の外で何かやられているという恐怖が素敵な話です。