発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

「えっ、Kindleストアの書籍って在庫切れあるの?」を知った話


スポンサードリンク

電子書籍といえば在庫切れがない、とずっと思っていました。


けれど実際あるんですよねー。Kindleストアの本で「在庫切れ」の文字が出ているところ、初めて見ましたよ。


ポプテピピック』という漫画があるのですが、これを欲しい物リストに入れています。試し読みした時「なんだこのカオス!」と衝撃を受けて、思わず欲しいものリストに追加しました。欲しい、というよりも買おうかどうか迷っている漫画です。


この漫画、内容が本当カオスです。そのカオスっぷりを僕はうまく説明できる自信がないですが、代わりにAmazonのカスタマーレビューがカオスをうまく説明してくれているので、一読の価値ありです。アニメ化になるの納得ですよ。



そんな『ポプテピピック』ですが、少し前に欲しいものリストから見てみると「在庫切れ」の文字が…えっ、Kindleストアなのに在庫切れあるの?と衝撃を受けた瞬間です。


今現在は『ポプテピピック』の在庫切れが無くなっている状態なのですが、「在庫切れ」の文字を見た瞬間は驚きと同時に不安になりましたよね。『ポプテピピック』は作者が作中で出版社に喧嘩を売るような内容を含んでいるので、もしかしたら出版社とモメて出版停止になった?という想像が頭をよぎりましたよ。


なぜ「在庫切れ」になったのか原因は分からないですが、「在庫切れ」があるというのが今後の買い方にも影響が出てきますよね。いつでも買えるという安心感は無くなるため、何か雲行きが怪しい漫画や小説は在庫があるうちに買う、そんな選択肢が出てきました。


デジタルなデータであっても、いつでも提供が可能な状態とは限らない。在庫切れになりそうですな情報提供なり通知なりがあればいいんですが。。