発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

『銀河は彼女ほどに』滅亡系女子と一緒に過ごす非日常


スポンサードリンク

胸が苦しくなると隕石を降らせる。


そんな性質を持つ彼女を描いた漫画が高木ユーナさんの『銀河は彼女ほどに』です。彼女の機嫌を損ねないようにしないと人類が滅亡してしまう物語です。2巻完結。


主人公の「人(じん)」は同じクラスの「大石阿智(おおいしあち)」とバスで乗り合わせます。人は阿智の襟からハート型の何かが出ているのを見つけたので、気になってそれを触ってみたら首を飛ばされます。そんな衝撃的な展開で物語は始まります。


首は何かすごい力が働いて元に戻るんですけど、そのあと阿智に話を聞いたら、どうやら阿智は地球を滅亡させに来た地球外生命体ということが分かります。地球を滅亡させないために人が頑張る…というのがおおまかなストーリーです。


恋愛と人類滅亡を天秤にかけたとき、どちらを選択するだろうか。人はどちらも選択できなくて妥協点をなんとか見つけ出そうと奔走し、そして感動の結末を迎えます。


銀河は彼女ほどに(1) (マンガボックスコミックス)

銀河は彼女ほどに(1) (マンガボックスコミックス)



大石阿智の(不思議な)言動を人がなんとか受け止めようとするコミュニケーションが面白いです。例えば、阿智が地球を滅亡させると人に伝えたときのこの受け止め方。

オレの好きな子が突然「地球はキレイだけど…滅亡します」とか言いはじめたので オレは小一の時の道徳の授業を思い出していた


高木ユーナさんのこのセンスがめっちゃ良いですよねー。うまく言葉にできないですが、、感じたことを素直に描写するセンス、とでもいうんでしょうか。高木ユーナイズムを一度体感するとファンになる人は多いんじゃないかな?


また、感情が変化していく様子も読みどころかと思います。コミュニケーションには言葉を受け止める責任みたいなものがあると思うんですけど、物語の最初の方では、人は最初その責任を受け流すような描写です。しかし、物語が進むにつれてその責任を受け止めようと変化していき、その過程の描き方がうまいなぁと感じるところです。


隕石が落ち、たくさんの死傷者が出て、人に恐怖が押し寄せる。逃げたいという感情にとらわれながらも、阿智への想いが強くなっていき、だんだんと阿智と正面から向き合うようになる…この展開が良いですよ!


恋愛と滅亡の板挟みになりながら、だんだんと責任と向き合った行動をするように変化する。『銀河は彼女ほどに』はそんな成長を楽しめる漫画でした。


滅亡系女子関連:
minor.hatenablog.com