マイナー・マイナー

隠れた名作の発掘が生きがい。

【王様達のヴァイキング】是枝PCの天板の数字を7割解読しました


スポンサードリンク

ハッカーやクラッカー達を描いた漫画『王様達のヴァイキング』が面白いです。主人公の「是枝一希(これえだかずき)」がハッカーとして成長していく過程がめっちゃ熱いです。


そんな主人公が愛用しているThinkPadの天板には数字のシールがたくさん貼られています。それらの数字が何を意味しているか、エンジニアとしては気になるところです。


f:id:yosinoo:20171206214256p:plain


これらの数字・コード・数式の解読に挑戦しました。

256

2の8乗。コンピュータのデータ周りでよく見る数字です。1ビットは0か1の情報を持ちます。それを8つ並べると256通りの情報を表現できます。これが32バイト(=256ビット)です。


また、黒のシールは「算木数字」という昔の日本で使われていた記法で256を表現しています。

ソースコード

/* sqrt sample */
#include <stdio.h>
#include <math.h>

int main()
{
double param, result;
param = 1024.0;
result = sqrt(param);
printf("sqrt(%f) = %f\n", param, result);
return 0;
}


C言語で書かれた平方根を算出するサンプルプログラムです。1024の平方根を求めています。実行すると次の結果となります。

sqrt(1024.000000) = 32.000000

(1 + sqrt(5)) / 2

黄金比です。1:1.618...の右側がこの式を計算すると算出されます。人が見て美しいと感じる比率として有名です。

各所に散りばめられた数字

大抵がフィボナッチ数列に関連しそうな数字です。フィボナッチ数列とは、ざっくりいうと、1つ目と2つ目の数字の和が3つ目になる数列です。1、1、2、3、5、8、…と続きます。フィボナッチ数列は画像の真ん中あたりの1から右下にかけて続いています。



はじめはフィボナッチ数列は右下のブロックだけかなと思っていたのですが、実は他の数字も関係がありそうです。というのも、他の数字はフィボナッチ数列の項には一致しないため、関連がないだろうと思っていました。しかし、具体的に並べてみると法則がありそうでした。

n番目 フィボナッチ数 是枝PCの数字
1 1 1
2 1 1
3 2 2
4 3 3
5 5 5
6 8 8
7 13 13
8 21 21
9 34 34
10 55 55
11 89 89
12 144 144
13 233 233
14 377 377
15 610 610
16 987 987
17 1597 1597
18 2584 2584
19 4181 4181
20 6765 6765
21 10946 10946
22 17711 1711
23 28657 28657
24 46368 46368
25 75025 75025
26 121393 121393
27 196418 196418
28 317811 317811
29 514229 51239
30 832040 (なし)
31 1346269 (なし)
32 2178309 2178339
33 3524578 354628
34 5702887 5702967
35 9227465 9227595
36 14930352 14930563
37 24157817 24158158


22番目は1が1個見当たらないですが、隠れているだけですかね?そして29番目以降は値がずれてきていますが、近い、あるいはそれらしい値になっています。(この並びに気づくのに結構時間かかりました…)

9999212859999939

これが最後に残りました。フィボナッチ数の項を続けて見てみてもそれらしい値ではなさそうです。

推測

フィボナッチ数列の値はプログラムで算出していて、その算出過程で誤差が生じているのではないかと推測しています。その誤差は意図的に埋め込まれたものでフィボナッチ数列へと補正するための値・係数がある。そしてその補正値・補正係数の導出には「9999212859999939」が絡んでいる、と推測しています。


が、もうこれ以上はちょっと出てこないです。いろいろ試しましたが、全然それらしい補正値が出てこないっす。。。

まとめ

是枝PCの天板の数字を7割くらいは解読したと思います。完全に解けた人、いないですかね?(いたら回答を教えて欲しい…)