発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

リスク 神々への反逆


スポンサードリンク

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)

リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)


リスクとは何か?
ピーター・バーンスタイン著のこの本にはリスクの本質に関する様々な探究についてまとめられています。前半は確率、統計、リスク研究の歴史に、後半は保険や株式などへの展開に重みをおいて説明がされています。


平均への回帰や効用といったさまざまなキーワードが出てきますが、とりわけ印象に残ったのが不変性の失敗についてです。不変性の失敗(failure of invariance)とは、「同一問題の異なる状況下での矛盾した選択」です。状況に意思を引っ張られて選択を誤らせることが日常に多々あるため、状況に起因する感覚を選択の判断基準にしないことがいかに大切かを学ぶことができました。


内容は難しいですが、それを理解し指針とすることができるようになると、実生活でかなり有用に作用する内容であると感じました。人間の持つ感性がいかにあてにならないかを実感させる内容であり、合理的でない行動を反面教師として受けとることで、行動規範を考えることができる内容でした。