マイナー・マイナー

隠れた名作の発掘が生きがい。

『人外サーカス』サーカス団の技VS吸血鬼の暴力

サーカス団 vs 吸血鬼軍団


そんなバトルアクションを楽しめる小説が小林泰三先生の『人外サーカス』です。『ネフィリム 超吸血幻想譚』の続編です。まさか続編が出るとは!?


とあるサーカス団の男が女をサーカスに連れ込むところから物語は始まります。女の正体は吸血鬼であり、テントの中で男を襲おうとします。しかし、男の正体はサーカス団に偽装した対吸血鬼軍隊「コンソーシアム」の隊員であり、吸血鬼を返り討ちにします。


サーカス団から逃げた吸血鬼から、吸血鬼軍団はコンソーシアムがサーカス団に偽装していることを知ります。吸血鬼軍団はサーカス団を調査するために動きます。


一方、経営危機に陥っているサーカス団「インクレディブルサーカス」は、とある街でテントの設営を始めます。そこに吸血鬼が現れます…


続きを読む

【Valheim】444日間の旅の記録

Steamで提供されているオープンワールドサバイバルゲーム『Valheim』をプレイしていました。ゲーム内で過ごした444日間を備忘として記録します。※ ネタバレ注意


f:id:yosinoo:20210703165846p:plain

  • 準備編
  • エイクスュル討伐
  • 長老討伐
  • 大骨討伐
  • モデル討伐
  • ヤグルス討伐
  • まとめ
続きを読む

『おむすびの転がる町』気付きによって変わる町の見え方

興味と発見の繰り返し。


そんな漫画がpanpanyaさんの『おむすびの転がる町』です。今回は町を題材にした作品が多めです。町にある様々なものに興味を持ち、新しい気付きを得るという話が多いです。


例えば「そこに坂があるから」では坂の上がどうなっているのかを見てみたいと思い、坂の上を目指す過程を丁寧に描いています。「街路樹の世界」では街路樹マップを見て得られた気付きを語っています。この描き方や語り口調が唯一無二さを感じるもので、とても素敵です。


おむすびの転がる町 (楽園コミックス)

おむすびの転がる町 (楽園コミックス)


以下、各話のあらすじとです。

  • ツチノコ発見せり
  • 筑波山観光不案内
  • そこに坂があるから
  • 坩堝
  • 街路樹の世界
  • 茫洋
  • カステラ風蒸しケーキ物語
  • 動物入門
  • 新しい土地
  • 架空の通学路について
  • おむすびの転がる町
続きを読む

テレビ版エヴァを十数年ぶりに見返した感想

テレビ版の新世紀エヴァンゲリオンを十数年ぶりに見返しました。新劇場版を全部見た後に見返すと、当時は気付かなった点が分かったりして面白かったです。備忘として面白かった点と感想を記しました。


※ 個人の感想です。ネタバレ注意。


  • 第壱話 使徒、襲来
  • 第弐話 見知らぬ、天井
  • 第参話 鳴らない、電話
  • 第四話 雨、逃げ出した後
  • 第伍話 レイ、心のむこうに
  • 第六話 決戦、第3新東京市
  • 第七話 人の造りしもの
  • 第八話 アスカ、来日
  • 第九話 瞬間、心、重ねて
  • 第拾話 マグマダイバー
  • 第拾壱話 静止した闇の中で
  • 第拾弐話 奇跡の価値は
  • 第拾参話 使徒、侵入
  • 第拾四話 ゼーレ、魂の座
  • 第拾伍話 嘘と沈黙
  • 第拾六話 死に至る病、そして
  • 第拾七話 四人目の適格者
  • 第拾八話 命の選択を
  • 第拾九話 男の戰い
  • 第弐拾話 心のかたち 人のかたち
  • 第弐拾壱話 ネルフ、誕生
  • 第弐拾弐話 せめて、人間らしく
  • 第弐拾参話 涙
  • 第弐拾四話 最後のシ者
  • 第弐拾伍話 終わる世界
  • 最終話 世界の中心でアイを叫んだけもの
続きを読む

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の最後について【感想】

※ 個人の感想です。ネタバレ注意。


『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観にいきました。面白かったです。後に尾を引かないような最後を迎えた印象が強いです。あるべきところに着地したような、そんな終わり方でした。


エヴァには大きく区分して4つの最後があると思っています。それは「テレビ版の最後」「旧劇場版の最後」「コミック版の最後」「新劇場版の最後」の4つです。「新劇場版の最後」の最後は、これまでの3つを紡ぐ集大成となっているように感じました。


熱が冷めぬうちに、これまでのエヴァの最後を振り返り、『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の最後で何を思ったかを書き綴りました。


f:id:yosinoo:20210308231133p:plain

  • テレビ版の最後
  • 旧劇場版の最後
  • コミック版の最後
  • 新劇場版の最後
  • まとめ
続きを読む