マイナー・マイナー

隠れた名作の発掘が生きがい。

【Dead by Daylight】キラーの出現回数とパークの使用状況を集計しました(2019年1月)

PS4版『Dead by Daylight(デッドバイデイライト)』にハマりまくっています。2019年1月はサバイバーで430対戦行いました。


その対戦で出会ったキラーと、そのキラーがつけているパークを集計しました。また、キラーの対策と立ち回りについても簡単にまとめました。


f:id:yosinoo:20190201213505p:plain

  • 集計情報
  • キラーの出現回数
  • パークの使用状況
  • パークに対する対策&立ち回り
    • バーベキュー&チリ
      • キラーから遠い場合
      • キラーから近い場合
    • 破滅
    • 誰も死から逃れられない
    • ずさんな肉屋
  • まとめ
続きを読む

『Dead by Daylight』サバイバーランク1になるまでの軌跡

PS4版『Dead by Daylight(デッドバイデイライト)』を最近はひたすらやっています。平日は2時間、休日は10時間くらいやっています。廃人まっしぐらですね!


そんな生活を続けること約45日、サバイバーランク1になりました。その経過をプレイ動画とともに振り返ります。


f:id:yosinoo:20190127212418p:plain

  • 臆病に生き抜くシリーズ
    • ネア姉さんについていく!
    • どうあがいても絶望からの生還!
    • 決死の一撃をおみまいしてやるんだぜ!
    • ボイル・オーバーでもがきまくる!
    • 負傷してからの逆境魂!
    • ランク1を賭けた戦い!
  • 無様に死にゆくシリーズ
    • カニバルの狡猾なハメ技が強すぎた…
    • ベリーレアアイテムを持っていく!
    • 超高速処刑プレイ!
  • まとめ
続きを読む

2018年の振り返りと2019年の抱負

あけましておめでとうございます。


2018年は41記事書きました。記事の投稿は少なめです。特に後半は仕事の激化(時間外労働140時間)とPS4のゲームに没頭とが重なって、記事をなかなか投稿できなかったですね。


そんな2018年の記事振り返りです。そして最後に2019年の抱負です。

  • 1月 仮想通貨取引を始めて2週間…3回の暴落を目の当たりにしてもう疲れました
  • 2月 『あの子と遊んじゃいけません』大人向けあぶないエンターテインメント
  • 3月 【ポケ森】ついに達成!一斗缶(いっとかん)バシバシパーティー
  • 4月 筑波山を登ってきました
  • 5月 『ドロシイ殺し』まさかの登場人物と結末にファン興奮です
  • 6月 徒歩で山手線を一周してきました。
  • 7月 独特な管理 / 監視システムが素敵!おすすめのディストピア漫画9選
  • 8月 500記事公開達成!印象に残っている6記事を振り返ります
  • 9月 『そらトびタマシイ』他の命を糧にして生きていく
  • 10月 hiddenを「ハイドゥン」と呼ぶ同僚に、どう接すれば良かったのだろう
  • 11月 『ニーア オートマタ』の世界の広さを推測しました
  • 12月 『Dead by Daylight』を1ヶ月やった成果
  • 2019年の抱負
続きを読む

『Dead by Daylight』を1ヶ月やった成果

PS4版『Dead by Daylight(デッドバイデイライト)』にどはまりしています。面白すぎます!


1対4のおにごっこみたいなゲームです。キラー1人、サバイバー4人に分かれ、キラーはサバイバーを処刑しようと行動し、サバイバーは生き残ろうと逃げ回ります。主にサバイバーで参加していますが、もうね、生き残れた時の快感がすごいのなんの…ゲームバランスが絶妙で、徹夜続きの毎日です。


そんな『Dead by Daylight』の成果報告です。

ランク

ゲームにはサバイバー/キラーの強さを示すランクがあります。20から1まであり、最初は20から始まって、好プレイをすれば1に向かって上がっていきます。毎月13日にリセットされます。


11/29に始めて、12/28までやった時点のランクは以下の通りでした。

サバイバー

f:id:yosinoo:20181229122520p:plain

ランクは7までいきました。主にネア・カールソンを使ってます。隠密行動が得意なキャラクターだと思っています。


ランク15の頃は4回に1回は生存できていましたが、ランク10くらいになってくると4回に1回生存できるかどうかになってきました。生存スキルのアップが課題です。

キラー

ランクは15まで行きました。主にトラッパーを使っています。トラバサミの罠を仕掛けて回るキャラクターです。


操作難易度が優しいキラーです。罠にときどきはまってくれるので、チェイスに慣れていないうちはこれがとても助かりますね。

プレイ動画

YouTubeで配信を始めました。無様なプレイを楽しんでいただければと思います。

#1 臆病に生き抜く『デッドバイデイライト』 ネア姉さんについていく!
www.youtube.com

#2 臆病に生き抜く『デッドバイデイライト』 どうあがいても絶望からの生還!
www.youtube.com

『オキテネムル』生物の不思議を応用する面白さ

連打一人さんの『オキテネムル』を読みました。全9巻の漫画です。


とある商店街でキリン男(頭はキリン、首以下は人間)が現れたところから物語は始まります。キリン男は無差別に人を襲い、そして突如現れた何者かによって駆除されます。


キリン男が現れた後日、高校生の主人公「カナタ」が学校に行くと、校門を警察が封鎖しており、休校の連絡を受けます。気になったカナタは自身の持つ”特殊能力”を使って学校の内部を覗き、そして教室でヘビ女(頭はヘビ、首以下は人間)の死体を見つけます。


その後、カナタは民間の捜査組織「外部情報捜査局(ガイチュー)」と出会い、ガイチューとともにキリン男やヘビ女といった不可思議な事件を捜査していくことになります…


オキテネムル : 1 (アクションコミックス)

オキテネムル : 1 (アクションコミックス)


世界は人間なしに始まった。そして
世界は人間なしに終わるであろう。


生物の不思議さを味わうことができる漫画だと思います。例えば最初のストーリーは宿主をコントロールする寄生虫の話が出てきます。


カマキリ等に寄生する「ハリガネムシ」は繁殖のためにカマキリを水中にダイブさせようとします。カタツムリに寄生する「ロイコクロリディウム」は触覚を芋虫のように変化させて鳥に見つかりやすいようにします。


そんな寄生虫がいることを考えると、人間は自分の意思でなく、人間の身体にくっついている何かしらの生物によってコントロールされている気がします。寄生生物と宿主の関係に不思議さを感じます。


生物のメカニズムを解明して応用することで人類はさらなる進化をしていく…『オキテネムル』はそんな面白さを感じる漫画でした。