発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

『クララ殺し』登場人物達の繋がりが見破れそうで見破れない

異なる世界を行き来するファンタジー・ミステリー小説が小林泰三さんの『クララ殺し』です。『アリス殺し』の姉妹編です。


『アリス殺し』はルイス・キャロルの小説「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を題材にした世界が登場しましたが、『クララ殺し』はE・T・A・ホフマンの小説「くるみ割り人形とねずみの王様」等が題材となった世界が登場します。


物語は「不思議の国のアリス」の世界にいたビルが「ホフマン宇宙」の世界に迷い込む描写で始まります。そして、その世界でビルはクララという少女と出会います。クララは殺人予告が書かれた手紙を受け取っており、その手紙を書いた犯人をビルが調査します。


「ホフマン宇宙」と「地球」の世界が物語の舞台です。設定を大まかにいうと次の通りです。

  • ホフマン宇宙の登場人物は地球の誰かのアーヴァタール(化身)
  • ホフマン宇宙の「ビル」は地球の「井森建」のアーヴァタール
  • ホフマン宇宙で登場人物が死ぬと地球のアーヴァタールも死ぬ
  • 地球でアーヴァタールが死んだとしても、ホフマン宇宙の登場人物は死なない


ホフマン宇宙と地球を行ったり来たりしながら物語は進みます。クララの殺人予告の謎を解く鍵は、ホフマン宇宙の登場人物と地球のアーヴァタールとがどのように対応しているか、にあるのですが、その対応を明らかにしていく過程がすごくおもろいです。


「ホフマン宇宙のこの登場人物は地球のこの人なんじゃないか?」と推理しながら読んでいくんですが、ことごとく外れます。見破れそうで見破れない!『クララ殺し』は高レベルの論理的思考力が試される小説だと思います。



以下は主要な登場人物の元ネタ(出自)のまとめです。

ホフマン宇宙の登場人物と元ネタ

ホフマン宇宙の登場人物達と、その登場人物が登場するE・T・A・ホフマンの小説(関連作品含む)の対応表です。※ビルだけはルイス・キャロルの作品です。

登場人物 元ネタ
ビル 不思議の国のアリス
クララ くるみ割り人形(バレエ) or 砂男
ドロッセルマイアー くるみ割り人形とねずみの王様
スパランツァーニ教授 砂男
ナターナエル 砂男
オリンピア 砂男
コッペリウス 砂男
マリー くるみ割り人形とねずみの王様
ピルリパート くるみ割り人形とねずみの王様
ゼルペンティーナ 黄金の壺
マドモワゼル・ド・スキュデリ マドモワゼル・ド・スキュデリ

地球の登場人物の元ネタ

地球の登場人物達と、その登場人物が登場する小林泰三さんの小説の対応表です。複数の作品に登場する人物もいますが、表中では代表的な作品を記載。

登場人物 元ネタ
井森建 アリス殺し
露天くらら (なし)
ドロッセルマイアー (なし)
諸星隼人 AΩ 超空想科学怪奇譚
新藤礼都 密室・殺人
岡崎徳三郎 密室・殺人


井森建が登場する小説
minor.hatenablog.com


諸星隼人が登場する小説
minor.hatenablog.com


新藤礼都と岡崎徳三郎が登場する小説
minor.hatenablog.com
minor.hatenablog.com


新藤礼都が登場するその他小説
minor.hatenablog.com


岡崎徳三郎が登場するその他小説
minor.hatenablog.com
minor.hatenablog.com

『兎が二匹』不老不死の寂しさ描写がつらい…つらすぎる…

胸が張り裂けそうになる具合、すごい…


不老不死系の漫画を今までいくつか読んできましたけど、山うたさんの漫画『兎が二匹』は胸が張り裂けそうになる具合が群を抜いて一番ですね。。こんなにも不老不死系のせつない漫画があっただろうか?


不老不死の女性「稲葉すず(いなばすず)」
すずと同居している青年「宇佐美咲郎(うさみさくろう)」


すずは(ある理由により)咲郎に自分の自殺を手伝わせており、それが日課となっている描写で第1話が始まります。この第1話では、すずがある方法で死のうとして取り返しのつかない結果をもたらします。第2話からは回想が始まり、そして途中で第1話につながります。


不老不死というと、死ねないので、自分と親しい人が次々にこの世から去っていくという悲しさを描くことが多いと思います。けれども、不老不死は非現実感が強いので、今まで読んできた不老不死系キャラクターには感情移入がしにくい傾向にありました。


『兎が二匹』は登場人物の人間味が強く表れている、という特徴があります。不老不死のすずは、広島弁を話し、咲郎のためにご飯を作り、笑い、泣き…そんなわけで、知らぬうちにすごく感情移入してしまっていました。


そして、感情移入度が深くなった分、ラストの衝撃も強く受けるわけで…


兎は「寂しいと死ぬ」と言われている動物です。第1話のタイトルは「兎が二匹」、そして最終話のタイトルは「兎が一匹」…家で一人静かに読むの推奨です。


兎が二匹 1巻 (バンチコミックス)

兎が二匹 1巻 (バンチコミックス)


起承転結というよりも転起承結の構成となっているのも特徴的です。すずと咲郎に焦点を当てた時系列に直すと次のようになると思います。

  • 起:第2話
  • 承:第3話〜第7話前半
  • 転:第1話
  • 結:第7話後半〜第9話(最終話)


第1話を読んだだけだとすずと咲郎の関係がよく分からず「ん?」となるんですが、第2話からずっと読んでいくと咲郎に自殺を手伝わせている理由が深く分かって心を鷲掴みにされます。そんな状態で最終話へと向かうもんだからぐはぁってなりますよ、ええ。


人がたとえ不老不死になったとしても、もとは人なので寂しさを制御することは難しいんだろうなと思います。『兎が二匹』はそれを痛烈に感じた漫画でした。

『多動力』閉塞的な思考を打破する3つの考え方

チェックリストとして定期的に読み返したい。


そう思った本が堀江貴文著の『多動力』です。ベストセラーの本なので読んだ人も多いかと思います。多動力とは何かを端的に表しているのは次の序文。

「多動力」とは何か。
それは、いくつもの異なることを同時にこなす力のことを言う。


ひとつのことを専念してやるのではなく、次から次へと新しい仕事を同時並行で実施できる力、とでもいうんでしょうか。あらゆる産業が横につながる時代においては、それらの産業を超えて働ける力が求められている。それに必要な力と理解しました。


久しぶりにビジネス書を読んだんですけど、これはグサッときましたね。自分自身がハマっている(と思い込んでいる)閉塞的な状況を打破するような内容が書いてあります。以下、個人的に印象に残ったポイントを3点メモします。


多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

「完璧主義者」ではなく「完了主義者」

「完璧主義者」は、何度もやり直し、一つの仕事にアリ地獄のようにハマってしまう。目指すべきは、完璧ではなく、完了だ。


これ、言葉としては分かるけれど、なかなか実行には移せないんですよね…例えばブログの記事を書くのが当てはまります。一つの記事を書くのにいつも1時間以上はかかっています。日本語として間違っていないかとか、ロジックは破綻していないかとか、何度も読み返して修正にする作業に時間がかかっています。


これ、典型的な「完璧主義者」のやり方ですよね。質にこだわって80点で良いところを100点目指すというやり方。このブログも80点の記事で完了とするようにやり方を変えていこうという気になりました。(試験的に、この記事は80点で公開しました)

メールやLINEのやり取りだけで上手く回るはず

インターネットの大きな功績は、非同期通信を手軽にしたことである。
非同期通信が手軽になったおかげで、人がどれだけ隙間時間を活用できるようになったか。


重要そうな会話は対面で話さないといけないという思い込み、ありますよね。メールの方が良いのにと思うことでも、上司やお客様とかは直接の会話を望んでいるのではと気を使い、結局電話やテレビ会議などの同期通信を行ったりします。むしろ文章で書いた方が要点とか整理されていて良いなぁと思うんですけどね…


今年に入ってから仕事でSlack(チームコミュニケーションツール)を使っているんですけど、これがもう非同期通信を実現するツールとして優秀すぎます。最初は対面で会話しなければ始められなかった作業も、Slackのおかげで最近は余分な会話が少なくなったように思います。


チームの意識を変えていくには「非同期通信ツールだけでも仕事は回る」という実績を積み重ねていくのが大切なんじゃないかなと思います。また、自分が後輩を持つようになったら、「自分に対しては非同期通信だけで良いよ」と諭そうと思いました。

イベントは定期的という固定観念を取り払う

会議は1回1時間、会食は1日1回など、固定観念で決めていないだろうか?
猛烈に濃密に生きるためには、次から次へと短時間でハシゴしよう。


そう、この固定観念!会議や食事などのイベントは決められたサイクルで予約してあるのでずらせないという固定観念


一気にやった方が良いという作業も中にはあります。例えばある資料のレビューがあって、少し修正して再チェックしてもらうだけなのに来週の定期的なレビュー時間で再チェックするというルール。記憶の新鮮なうちにチェックしてもらった方がロスは少ないのに…


たいていのイベントは人が勝手に決めたものなので調整できるはず。調子が乗ってきたら一気に駆け抜ける、そういう意識を持ちたいですね。


多動力女子といえば:
minor.hatenablog.com

【ヒナまつり】三嶋瞳の仕事ぶりをまとめました

ついにアニメ化が決定しましたね、ヒナまつり


笑いあり、涙あり、仕事ありの漫画でめちゃくちゃ面白いですよね。ヒナと新田の共同生活で笑い、アンズの天使さで涙し、そして三嶋瞳で仕事のつらさを実感する、そんなバランスのとれた漫画だと思います。


仕事がつらいと思った時は三嶋瞳の仕事ぶりを見るとなんか元気出るんですよねー。仕事に対する熱、くじけないメンタル、そんなものを感じる瞳さんの労働姿にやる気をもらえます。


そんな三嶋瞳の仕事ぶりをまとめました。随時更新予定、ネタバレ注意です。


目次:

  • 職歴一覧表
  • 3巻11話 中学生バーテンダーHITOMI!
  • 3巻13話 瞳ちゃんお疲れ様でした
  • 4巻19話 警部!今回のヤマは中々のようですよ
  • 5巻EXTRA9 癒しの空間へ リトルソングへようこそ
  • 6巻31話 川の流れのように
  • 6巻EXTRA12 必殺仕事人
  • 7巻EXTRA15 最近ちょっと視力落ちてきました
  • 8巻41話 三嶋瞳の短期留学
  • 9巻44話 三嶋瞳という女
  • 10巻51話 三嶋家
  • 11巻57話 情熱なくして仕事なし
  • 13巻64話 三嶋家の事情
  • まとめ
続きを読む

『不死身ラヴァーズ』消滅系女子「長谷部りの」の一覧表

主人公と両想いになったら消える。


そんな性質を持つ彼女を描いた漫画が高木ユーナさんの『不死身ラヴァーズ』です。別冊少年マガジンで連載していた隠れた名作です。


主人公の「甲野じゅん(こうのじゅん)」は「長谷部りの(はせべりの)」のことが好きで、長谷部と付き合おうと近づきます。最初は嫌っていた長谷部は、だんだんと心を開くようになり、そして両想いになった瞬間消えます。その後、甲野のことを知らない違う長谷部が出現します。

  1. 甲野が長谷部を見つける
  2. 甲野が長谷部と付き合おうと頑張る
  3. 甲野と長谷部が両想いになる
  4. 長谷部が消える


この繰り返しが続く漫画です。消えても蘇る。ただし、記憶のない別人の長谷部として。


恋愛の一番美味しいところを何度も経験できる、そんなプラス思考の持ち主じゃないとこのループは耐えられなんじゃないかな。途中でやめれば良いのに…とも思いますが、恋愛は理屈じゃない、そんな熱さを感じる漫画です。



いろんな長谷部りのが登場します。どんな長谷部が登場したかを調べたら次のようになりました。

甲野じゅん 長谷部りの 初出
小学生 小学生 #1 長谷部!
中学生 中学生書道家 #1 長谷部!
高校生 軽音部3年部長 #1 長谷部!
高校生 家庭教師 #1 長谷部!
予備校生 予備校生 #1 長谷部!
大学生 忘れる系大学生 #2 いなくちゃだろうが!!
大学生 歩きメット中学生 #3 プレハブで同棲!?
大学生 お嬢様小学生 #5 魔法のことば
大学生 文系大学院生 #6 焼鳥大好きだし
大学生 クリーニング屋の人妻 #7 くまちゃんモミモミ
大学生 UMA大好き大学新入生(男) #9 全然ドキドキしない
大学生 やっぱあげない系女子 #番外編1
大学生? 格闘系女子 #番外編2


一番感動した長谷部りのは6人目です。眠ると起きていた1日分のことを忘れる、そんな前向性健忘のような症状を持った長谷部です。毎日長谷部に接触する甲野の根気強さ、そして毎日忘れながらも甲野に接触される彼女。変わらないと感じる日々の中でも着実に変わっていっている何かがある、そんな心情変化の描写が良いなぁと思うところです。


不死身ラヴァーズ』は3巻で第1部が完了します。それはもう衝撃的な終わり方で。第2部、早く出て欲しいなー。


高木ユーナさん関連:
minor.hatenablog.com