読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

Antの基本的な制御文のまとめ


スポンサードリンク

Antとは主にJavaなプロジェクトで使われているビルドツールです。使いこなせたらかなり便利なツールだということにやっと気づいたので、少しずつ勉強しはじめました。Antで何かを書く際の基本となる制御文を主にまとめました。


基本の形
projectタグの中にtargetタグを書いて、その中に実行したいタスクを書きます。projectタグのdefault属性には実行したいtargetの名前を記述します。targetはタスクをまとめた単位のようなものです。echoタグはタスクの一つで、System.out出力をします。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="main">
    <target name="main">
        <echo>
            Hello World!
        </echo>
    </target>
</project>

eclipse上の適当なプロジェクトの場所に配置し、右クリック→「run as」→「Ant build」で実行すると下記結果になりました。

Buildfile: /Users/xxx/workspace/HelloWorld/build.xml
main:
     [echo]             Hello World!
     [echo]        
BUILD SUCCESSFUL
Total time: 830 milliseconds


実行順序を制御
targetタグのdepends属性に適切な依存関係を記述することで、タスクの実行順序を制御することができます。下記を実行するとfirst→second→thirdの順にコンソール出力されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="target1">
    <target name="target1" depends="target3, target2">
        <echo>
            third
        </echo>
    </target>
    <target name="target2">
        <echo>
            second
        </echo>
    </target>
    <target name="target3">
        <echo>
            first
        </echo>
    </target>
</project>


定数値を扱う
定数を扱いたいときはproperty要素が利用できます。property要素で設定したプロパティは${プロパティ名}で参照できます。下記を実行すると「Hello World!」がコンソール出力されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="main">
    <property name="text" value="Hello World!" />
    <target name="main">
        <echo>
            ${text}
        </echo>
    </target>
</project>


条件文を扱う
if文みたいな条件文はcondition要素で実現できます。conditionタグにネストされた要素(and、not等)の評価結果がtrueであれば、checkプロパティにOKが設定されます。下記のコードは、「text1がhogeである、かつ、text2がhogeでない」場合に評価結果がtrueとなる式を表しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="main">
    <property name="text1" value="hoge" />
    <property name="text2" value="piyo" />
    <target name="main">
        <condition property="check" value="OK">
            <and>
                <equals arg1="hoge" arg2="${text1}" />
                <not>
                    <equals arg1="hoge" arg2="${text2}" />
                </not>
            </and>
        </condition>
        <echo>
            ${check}
        </echo>
    </target>
</project>


条件付きアクション
条件付きでアクションを実行させたいときは、if属性とunless属性が利用できます。ifはプロパティが設定されているとき、unlessはプロパティが設定されていないときにアクションを実行します。下記を実行すると、"hoge"と"text2 is not exist"が実行されました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="target2">
    <property name="text1" value="hoge" />
    <target name="target1" if="text1">
        <echo>
            ${text1}
        </echo>
    </target>
    <target name="target2" unless="text2" depends="target1">
        <echo>
            text2 is not exist
        </echo>
    </target>
</project>


ビルドの停止
ビルドを途中で止めたいときはfail要素を記述します。ifやunless等の属性にビルド停止の条件を記述します。下記のAntファイルを実行すると、BUILD FAILEDとなりました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<project default="main">
    <property name="text" value="hoge" />
    <target name="main">
        <echo>
            first
        </echo>
        <condition property="check">
            <equals arg1="piyo" arg2="${text}" />
        </condition>
        <fail message="second" unless="check" />
        <echo>
            third
        </echo>
    </target>
</project>


実行結果

Buildfile: /Users/xxx/workspace/HelloWorld/build.xml
main:
     [echo]             first
     [echo]        

BUILD FAILED
/Users/xxx/workspace/HelloWorld/build.xml:11: second

Total time: 782 milliseconds