読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

【財務諸表の再勉強】キャッシュフロー計算書 −お金の流れを見える化する−


スポンサードリンク

キャッシュフロー計算書(C/F:Cashflow statement)とは、一定期間におけるキャッシュフローの状況を表す計算書です。キャッシュフローとは資金の流入、流出を意味しています。


f:id:yosinoo:20120817172616p:plain

資金の流入、流出をそれぞれキャッシュインフロー、キャッシュアウトフローと呼びます。キャッシュフロー計算書はそれらを3つの活動に分けて表示します。3つの活動とは営業活動、投資活動、財務活動です。


営業活動によるキャッシュフロー
本業によるキャッシュフローです。商品の売買やサービスの提供に関連する収入、支出が記載されます。従業員や役員に対する報酬も含まれます。


投資活動によるキャッシュフロー
企業の営業能力、商品の生産能力などを向上させるための設備投資による収入、支出が記載されます。また、第三者への融資に関連するキャッシュフローも含まれます。


財務活動によるキャッシュフロー
資金の調達に関連する収入、支出が記載されます。例えば株式の発行や借入による収入、配当金の支払や借入金の返済などの支出です。

直接法と間接法

営業活動によるキャッシュフローの表示法には直接法と間接法があります。


直接法
営業収入、仕入れのための支出などのキャッシュフローを主要な取引ごとに総額で表示する方法です。キャッシュフローの項目とその金額を直接把握できることが長所です。


間接法
税引き前当期純利益に調整項目を加減して表示する方法です。期間損益とキャッシュフローとの関係が明確になることが長所です。