読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

【花とアリス殺人事件】3で割っても、4で割っても、5で割っても1余る


スポンサードリンク

岩井俊二監督のアニメーション映画『花とアリス殺人事件』。内容は、転校生と引きこもりの女子中学生が、1年前に殺されたと噂されるユダの正体を探るというものです。青春感の溢れる内容に胸がモキモキしましたぜ。


コミカライズもしているのですが、その漫画の作者が道満晴明さんです。道満さんといえば『ニッケルオデオン』の印象が強くて、岩井俊二さんの世界観みたいなものと調和するのか気になっていたのですが、読んでみると意外にもマッチしていて良い仕上がりになっていました!癖は強いけどね。


その漫画の第0話で、少し気になった箇所が体育の授業でパートナー決めをするシーンです。最初は3人1組、次は4人1組、その次は5人1組で組み分けをするのですが、必ずあるクラスメイト(陸奥睦美)がひとり余るというシーン。



f:id:yosinoo:20160611194243p:plain

3で割っても4で割っても、5で割っても1余るって、うちのクラス何人だよ?


このクラス何人だろうなー。3 ✕ 4 ✕ 5 = 60だから、60 + 1の61人がそのクラスの最小の人数っぽい。けれど、1クラス61人は多そう。61以下で条件に一致する人数ってあるっけ??



考えるのが億劫になってきたらから、調査するコード。

var a = 5;
while(true) {
     if (a % 3 == 1 && a % 4 == 1 && a % 5 == 1) {
          break;
     }
     a = a + 1;
}
console.log(a);


結果、61。正確には、「60x + 1」がクラスの人数。うーん、算数のセンスが日に日に落ちている気がします。。


関連:
minor.hatenablog.com