発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

【財務諸表の再勉強】負債 −どこからか借りたもの−


スポンサードリンク

負債とは、企業が負うべき経済的な負担のことで、貨幣額で示すことができるものです。いずれ返済しなければならないものに限らず。将来負担することになるものも含まれます。


負債は他人資本と呼ばれることもあります。”他人から調達してきた資本”という意味を暗に示しており、他人から借りてきたためいずれ返済しなければならない義務を負います。負債は流動負債固定負債に分けられます。

流動負債

おおまかに言うと、一年以内に返済しなければならないものが含まれます。正常営業循環基準と一年基準が順に適用された負債です。主な流動負債を簡単に紹介します。


支払手形
取引先との取引で支払義務のある手形のことです。


買掛金
取引先から商品を購入し、その代金を後日支払うとしたとき、その代金を支払う義務のことです。


未払金
土地や備品などを購入したときの未払いの代金のことです。買掛金とは違い、企業の営業活動以外から生じた代金として区別されます。


未払費用
一定の契約に従い、継続的にサービスの提供を受けた期間の対価をまだ支払っていない場合の未払い分のことです。


前受金
商品やサービスの代金を先に受け取った場合の代金のことです。

固定負債

企業が1年を超えて利用する負債が含まれます。


社債
企業が発行した社債のうち、決算日の翌日から起算して1年を超えて償還期日が到来する社債です。


長期借入金
決算日の翌日から起算して1年を超えて返済期限が到来する借入金です。借入金とは銀行などからの借金のことです。


退職給付引当金
従業員の退職給付の支払のために、当期以前の期間に費用として負担させた金額のことです。