読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

終末のフール

小説

スポンサードリンク

伊坂幸太郎氏が描く終末.3年後,小惑星の衝突により地球は滅亡する.そんな今を生きる人々の物語.


何事も,終わってから気づくことが多いと感じる.けれど,この小説は終わる前に気づかされる,そんなふうに感じた.明確な終わりが設定されてから始まるストーリィは,人々の心情や人生観をユーモア交じりの直球で伝え,今日を生きることの重みを問いかける.3年後に世界が終わるつもりで今日を生きる,誰かが言ったようなそんな言葉をふと思い出す.


終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)