読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発熱するマイナー魂

隠れた名作の発掘が生きがい。サブカル作品の感想とIT技術メモ中心のブログです。

地の楽園を目指す旅 『天獄と地国』


スポンサードリンク

頭上は大地、眼下は星海


天獄と地国  (ハヤカワ文庫JA)

天獄と地国  (ハヤカワ文庫JA)


『天獄と地国』は小林泰三さんのSF作品で、『海を見る人』に収録されていた同タイトルの短編を長編化した小説です。「海賊」の取りこぼしを生活の糧とする「落穂拾い」の物語です。資源の乏しい宇宙空間という残酷さの描写が印象に残りました。


自分に欠けているもの、それは探究力なのではないかなと実感させられる内容でした。誰かが知っている情報ではなく、まだ誰も知らない情報を明らかにすること。それを明らかにしたい意志が強ければ強いほど、行動に力強さが表れるのではないかなと思った作品です。


関連作品:科学と論理がぎゅっと詰まったハードSF 『天体の回転について』